女性

処女膜再生や小陰唇縮小手術で悩み解消~レディの悩み相談室~

費用をチェックする

手軽にできる手術

女性

処女膜再生手術は自由診療となる為、クリニックによって治療方法や治療費用が違ってきます。適正価格で安心して治療を受ける為にも、まずは治療方法やそれぞれの相場について理解しておくのが良いでしょう。処女膜再生手術の中でも、プチ手術と呼ばれているのが粘膜のヒダを集めて処女膜を再生する方法です。10万円ちょっとの価格で利用することができるうえ、手術後性行為をした時には少し出血を伴う場合もあるので処女膜が破れた印象を与えることも可能となっています。

糸で縫い合わせる治療

処女膜再生手術の中でも、時間が経っても処女膜が失われることが無いのが手術糸を利用した縫合手術です。手術自体は15分から20分程度では終了しますが、手術後は入浴を控える必要があります。また、激しい運動や性行為もしばらくの間することができないので注意が必要です。この場合、20万円前後の手術費用が必要になるのである程度資金は用意しておくのが良いでしょう。手術糸を用いた縫合手術は、長い間処女膜を持ち続けたいという女性に人気のある手術方法となっています。

レーザーを利用する

処女膜再生手術の中でも、糸を使用せずにレーザーを用いて行なう手術もあり、これはレーザーを照射して膜を密着させる方法となっています。局部麻酔をすることによって、手術中は痛みや熱を感じることもあまりありません。糸を用いた縫合手術と同様で、手術を受けた後は入浴や激しい運動、性行為は控えなければなりません。手術費用は処女膜再生手術の中でも最も高額になり、20万円から25万円程度かかることもあります。処女膜再生手術はクリニックによって費用が違ってくるので、医師と相談しながら予算に合わせて手術方法を決めるのが良いでしょう。